幼少期に最適な英語学習方法【遊びを通して自然に学習】

アルファベット

言語習得には臨界期がある

先進国の中で日本人は英語ができないことで有名ですが、今後の幼少期における英語教育で変わっていくことでしょう。遅くとも言語習得の臨界期を迎える9〜10歳頃までには英語に親しむ機会を作り、聞き分ける能力を養っておくのが望ましいでしょう。

女の子

小さい頃からの積み重ね

近年、英語の需要がますます高まり、幼少期から英語の勉強をはじめる家庭が増えています。おもちゃやスマホアプリ、タブレットアプリ、通信教材など、英語に触れることができるものは様々なので、子供が興味を持つものを見つけてあげるのがおすすめです。

辞書

早く身につけるために

幼少期に英語に触れる事で自然と身につくようになります。ですので、早めにスクールで学ばせたいという親は非常に多いです。スクールでは講師が優しく英語を学べるように指導し、サポートを行うので楽しく英語を身につけられます。

ENGLISH

ポイントを押さえて選ぼう

幼少期から英語を身につけるなら、学校のテストにターゲットを絞るのか、英会話の上達にフォーカスするのかで通わせるところが変わります。塾にするのか、英会話スクールにするのかを見極めましょう。子供とよく相談するのがポイントです。

地球儀

幼児教育にはデメリットも

幼少期の英語教育はメリットだけでなくデメリットもあります。例としては、日本語と英語がどちらも中途半端になってしまって、大人になってから苦労するなどといった例が挙げられます。両方をしっかり身につけられるようにするには、どちらの言語を学ぶにしても、学ぶことが苦にならないような環境作りが大切です。

教室とその特徴

英会話

学習内容について

英語を身につける際に、幼少期から英語教育を行うことで身につきやすいとされている。特に生まれたばかりの赤ちゃんの頃から英語に慣れ親しませることで、自然と英語ができる基礎が備わるとも言われている。これらの幼少期での英語教育においては、いくつかの特徴がある。学生や大人になってからの勉強では、単語を覚えることや文法を理解しながら学習することが中心になる。しかし、幼少期での学習では日常生活の中で英語を聞かせたり、知育玩具などを使った遊びの中で学ぶということが多くなっている。その為、幼少期向けの教室では、遊びなどを通して自然に学習させるという特徴がある。また、覚えさせる方法より慣れさせるという方法がとられるということも特徴としてある。身の回りにあるものを英語で話しかけながら自然と覚えさせることや、興味を持ったことを英語で話しながら伝えるといったことなども幼少期での学習では中心となっている。幼少期に学習させる際には、ネイティブスピーカーによる学習が良いとされている。ネイティブの発音で聞きならさせることで、その後の発音などにも大きく影響してくる。その為、これらの教室を探す際には、ネイティブの講師による学習をしてもらえる教室を選ぶとより効果が高くなる。幼少期の英語教室では、その教室が良いか迷うケースもある。最近では駅の近くなどで多く教室があることもあり、どの教室が良いか迷いやすい。その際には、体験入学などを活用し実際に内容を確認すると選びやすくなる。親御さんが子供の将来を考えて教室を選ぶことは大切だが、必ず本人に選ばせて欲しい。本人が楽しいと感じられない教室に通わせることは難しいためだ。まずは体験教室に参加して、子供の様子をよく観察して判断しよう。

オススメ記事

アルファベット

言語習得には臨界期がある

先進国の中で日本人は英語ができないことで有名ですが、今後の幼少期における英語教育で変わっていくことでしょう。遅くとも言語習得の臨界期を迎える9〜10歳頃までには英語に親しむ機会を作り、聞き分ける能力を養っておくのが望ましいでしょう。

女の子

小さい頃からの積み重ね

近年、英語の需要がますます高まり、幼少期から英語の勉強をはじめる家庭が増えています。おもちゃやスマホアプリ、タブレットアプリ、通信教材など、英語に触れることができるものは様々なので、子供が興味を持つものを見つけてあげるのがおすすめです。

辞書

早く身につけるために

幼少期に英語に触れる事で自然と身につくようになります。ですので、早めにスクールで学ばせたいという親は非常に多いです。スクールでは講師が優しく英語を学べるように指導し、サポートを行うので楽しく英語を身につけられます。

ENGLISH

ポイントを押さえて選ぼう

幼少期から英語を身につけるなら、学校のテストにターゲットを絞るのか、英会話の上達にフォーカスするのかで通わせるところが変わります。塾にするのか、英会話スクールにするのかを見極めましょう。子供とよく相談するのがポイントです。

地球儀

幼児教育にはデメリットも

幼少期の英語教育はメリットだけでなくデメリットもあります。例としては、日本語と英語がどちらも中途半端になってしまって、大人になってから苦労するなどといった例が挙げられます。両方をしっかり身につけられるようにするには、どちらの言語を学ぶにしても、学ぶことが苦にならないような環境作りが大切です。

Copyright© 2018 幼少期に最適な英語学習方法【遊びを通して自然に学習】 All Rights Reserved.