幼少期に最適な英語学習方法【遊びを通して自然に学習】

幼児教育にはデメリットも

地球儀

早期教育が正解ではない

幼少期から英語を習わせたいという希望を持っている保護者はたくさんいます。実際に日本で英語教室は安定して昔から高い人気を誇っており、近年では幼少期から英語に触れることが出来る環境に子どもを置きたいとプレスクールに子どもを通わせる親も増えてきています。しかし、幼少期から英語に触れることに関しては、英語に馴染みを持ち、グローバル社会に対応するというメリットがあるだけではなく、もちろんデメリットもあり、この教育法には注意が必要です。まず、やはり日本で生きていくうえでは、日本語をしっかり話すことが出来ることを優先する必要があります。しかし、幼少期から日常生活で英語を話すことで、母国語である日本語を話すことが出来ない、もしくは、どちらの言語も中途半端になってコミュニケーションを上手くとることが出来なくなってしまう場合も多いです。このような状態に陥ると、せっかくの幼少期からの英語教育が無駄になってしまいます。そのため、早期教育に関しては、子どもの発達度合いをしっかり理解したうえで、行う必要があると言えるでしょう。もちろん、早期教育は悪いものではなく、実際に幼少期から英語と日本語両方を使う環境で子育てをして成功している人もいます。このような人の場合、普段は英語を話して、息抜きで日本語に触れるというような環境を作ることで、日本語も英語も学ぶことに対して苦痛を感じないような工夫をしています。このように子どもが楽しくどちらの言語にも興味を持てるような環境づくりが大切です。

Copyright© 2018 幼少期に最適な英語学習方法【遊びを通して自然に学習】 All Rights Reserved.