幼少期に最適な英語学習方法【遊びを通して自然に学習】

言語習得には臨界期がある

アルファベット

黄金期までに耳を作る

幼少期の英語習得に関しては賛否両論がありますが、一般的に3〜4歳頃までは言語習得において黄金期と言われ、多言語がすんなりと耳に入り頭にインプットされ易いです。また9〜10歳頃には臨界期を迎え、英語を聞いても多言語としか見なされず、習得はより困難になります。日本では幼少期の英語教育は早期教育のイメージが強いですが、東南アジアではもはや当たり前となっています。例えばマレーシアでは公用語はマレー語ですが、一般的には英語がよく使用され生活していく上でなくてなはならない言語です。そのため幼稚園から公用語のマレー語に加え、英語学習も始まります。小学校でのマルチリンガル教育に備えるためです。驚くべきことに各家庭では、中国語やタミール語といったもう一つの言語が使われていることもあります。日本語が疎かになるという懸念もありますが、それは海外で普段日本語に触れる機会が少ない子どもに当てはまることです。親子でしっかりとコミュニケーションが取れ、幼稚園や学校で日本語教育を受けている場合はまず日本語が疎かになるという心配はありません。普段の生活で必要に迫られない言語を習得することは困難ですが、黄金期のうちに英語を聞き分ける能力を養っておくことは今後の学習において糧となることは確かです。ただし幼少期は習得するのも早いですが、忘れるのもとても早いです。いかに英語に触れる時間を確保できるかが鍵となってきます。子ども本人の楽しみ具合と適正を見て、無理のない範囲で幼少期の英語学習に臨んでいきましょう。

Copyright© 2018 幼少期に最適な英語学習方法【遊びを通して自然に学習】 All Rights Reserved.